茶の香り
    2024.5


  今年も新茶の香りをお届けします。


 今季の冬は暖かい日が多かったような気がします。
 しかし、春先には気温の低い日が多かったです。
 その後、持ち直し寒暖の差は大きかったものの霜の害も少なく、順調に成長したようです。

 
5月3日にお茶祭りが行われ、楽しんできました。


  
 このころは富士山もバッチリでした。


 
 地元地区の小中学生が茶摘み娘で参加です。


  
 カメさんの声が掛かって茶娘は大変です。「お姉さ〜んこっち向いて〜ッ」


 
 「もう少し、右に寄って〜ッ」


  
 カメのおじさんが大声出すんですょ。


 
 これぞ、静岡県の初夏って感じでしょう。


 
 あっちに寄ったり、こっちに寄ったり大変です。


  
 気温もどんどん上がって暑かったです。


 
 お姉さんたちはうっちこっちに散らばってサービスしてくれました。


  
 「格好良いよ〜」


 
 「こんなんで良いかしら〜ッ」なんて云っています。「ありがとう」


  
               途中、休憩を挟んで場所移動です。


 
 大分、雲が出てきました。


  
          太鼓叩いて富士山の絵を描き始めました。


 
 お見事です。祭はまだ続きますが富士山が隠れてしまったので、帰りま〜す。


 トップページへ


 浮島と茶畑2006.5へ お茶2007.4へ 茶の香り2014.5へ 茶の香り2015.5へ

 茶の香り2016.5  茶の香り2017.5へ 茶の香り2019.5 茶の香り2021.4へ

 茶の香り2022.4へ