激焼けA  2014.8

 本日は10年に1度あるかも?っと今年の7月にアップしました。
   ところが、その後1ケ月でまたまた激焼けに遭遇しました。
     柳の下に二匹目の
「どじょう」がいたんですよ。
       これにはびっくりしましたね。
         私の今年の運は、これで使い果たしてしまったかも知れませんよ。


   
  前回の7月6日〜6回も通って、見えた確率50%ですよ。そのなかから3枚ほどリストアップしてみました。


  
   雲海も上空の雲もないノーマルな夜明けですが茜色に染まったのが良かったです。


   柳の下にいたどじょう
   
    いよいよここからが激焼けのパート2です。 雲海は僅かに漂う程度です。


  
   何となく上空の雲が焼けの兆候を見せているでしょう。


  
   富士山の向こう側はスッキリと抜けていますね。


   
     大分、明るくなってきましたよ。              雲の感じも良くなってきました。


  
    さぁ〜 いよいよで〜す。  ・・・っとここで、なんと雨が降り始めたのです。慌てて傘を引っ張り出しました。


  
   お日さまの光が雲の下に射し始めたのですね。雲全体が色付き始めました。


   
    直接当たる個所が色濃く光っています。


  
     サブカメラでズームを引っ張ってみました。


   
     縦構図も載っけて置きますね。


  
    全体がオレンジ色に染まッちゃいましたよ。


  
   雨も大分ひどくなっています。頭上の雲は厚くなっています。それにしても素晴らしい焼けです。


  
   雲海は少ないですがこれだけ焼けたんじゃ〜我慢しますょ。


  
  そろそろマックス状態です。右側は「ハゼの木」です。触ると肌の弱い人はかぶれますよ。うるしの仲間です。


  
   幸運にも先月に続いて二度目の大焼けに遭遇しました。これで今年の運を使い果たしたかもよ? ヤバイ!ヤバイ!


   
  雨は止んだけど焼けは続いています。しかし、残念ながら山頂に雲が被ってきました。どうやらこれで二匹目のドジョウは終わりのようです。




 トップページヘ   激焼け2014.7へ        吉原火事2007.6へ     吉原の雲海2007.12へ

                  高山の朝2011.9へ      梅雨明間近2012.7へ    雲上で咲く2012.9へ

                  雲上の彼方2013.11へ   雲海2014.6へ