吉原が火事
 
2007.6


      何処かで昔聞いたような・・・    それは吉原炎上でした・・・

   
天気の変わり目久しぶりにに吉原に行ってみました。

 
予報は午前中晴れマーク午後雨という予報でした。

   現着したのは午前1時頃、すでに二人の先客がいました。

     日曜日ということで混雑を予想しましたが、朝までに3人加わり合計6人です。


  富士山は、しっかり見えていましたが、小さな雲海らしき雲がチラチラ程度で

       天気変わり目の割には、「はずれ」のはず>>>>>>だったのです。

  変化が現れたのは、東の空がほんの少し明るくなった頃です。

    まだ暗いのに、やけに赤い気配がしたのです。通常はオレンジ色が強いのですが

         不思議に赤いのです。。

  そして、それはまもなくやってきました。「真っ赤」言葉にならないほど真っ赤です。

     東京一面火の海 いやいや、それ以上地球一面火の海です。


        この夜(世)の オ・ワ・リ かと思いました。


  

     もう、雲海どころではありません。
     先ほどまでのバルブ撮影で、電池が少なくなったり フイルムが終わったりで
     皆さん、バタバタと走り回っているのです。

   

     そいつは 「随分、赤い感じがするな」と、話しをしていると、一瞬のうちにやってきました。
     早朝4時20分のことでした。

         

      後ろの方から聞こえてきました。なんだ、なんだ、これは何なのだ。

  


               

       愛鷹山の越前岳と富士山の間が特に、赤く染まっています。
       すかさず、300mmレンズに交換しました。

  
         どうです。この色は!  真に地球最後の色に相応しいのでは?

    

     想像以上に早いテンポで変化していきます。

  

    横を見ると、隣りの人の顔が真っ赤かです。自分も、たぶん真っ赤かでしょう。
    思わず笑っちゃいました。自分の顔は見えないも〜ん!

   

        
     日の出が近付いたのか、少しずつ薄くなってきました。

     皆さんが「やれやれ」と気を抜いている瞬間に、そして、第2波がやってきたのです。
  

    日の出の方向に雲の裂け目が出来たのでしょう。
    恐ろしいほどのマイルドな色の閃光が走りました。
    この閃光持続時間は、約1分間の出来事でした。
    それがやって来る時も、不意を突かれましたが、去り際に再び妙な小細工をして去っていきました。
    色の違いは、カメラ2台です。この間レンズ交換70mm→300mm→70mmで8カットでした。
    その後力尽きたのか、お日さまは、とうとうお出ましになりませんでした。
    この時間が4時35分です。僅か15分間の一部始終撮影記録でした。
    
   
   自然の成せる「ワザ」は、本当に不思議です。
        そしてこれが富士山なのです。
            こうして私は富士山の虜になりました。
                 いつまで続くのでしょうか?
                       私の富士山追っかけは!
  

          ・・・今日も、ご機嫌・・・               ・・・ごちそうさまでした・・・ 
                           ありがとう・・・


        トップページヘ         トップページ2007へ