ドクターイエロー22007.7



   新幹線の試験計測車→
ドクターイエロー

      安全走行維持のため欠かすことができないとのこと。

          定期に、時々不定期に10日に1回程度走行します。

            何時もそこに居てほしい
富士山なかなか思うようにはいきません。

    今回は、その後のイエちゃんシリーズのパート2を追ってみました。

       トリミング画像は一枚もありません。すべて全画面です。

       ただし、富士山はほとんど雲隠れです。

    
※ 当方の掲示版は 『 ドクターイエロー 』 の言葉はキャンセルされますので注意してください。


  

   富士山無しのため、ややむを得ず、かる〜く〜♪〜  右から左へ〜♪〜  受け流してみました。


   
      5月の末頃、水田に水が入り、稲が植え付けられました。
      本来ですと、バックに富士山を置き、水に写る勇壮な姿が青空の中に浮き上がるのですが・・・!


  
      この日は、曇っていてあきらめかけたのですが、貴重な姿を見せてくれました。


    
                        場所を変えて、山側のポイントを探してみました。


   
   直近で、猛スピードの車両を取り込むのは至難のワザが必要になります。
   晴天ならば、比較的シャッタースピードを高くできますが、曇天ですといろいろ工夫しなければなりません。
   右側のポイントは一人が入るスペースしかない場所で、視界は狭い。下りを撮影しました。耳をすませて音を聞き
   「来たぞーツ」と瞬時にシャッターを押します。一瞬の油断も許されません。したがって、下りはシッポだけです。


  
     やや、高台の場所からチャンスを待ちます。全景が入る好ポイントです。
     この場所は、見晴らしも良く、比較的容易に撮影が出来る場所です。


    
      駅での撮影に挑戦しました。前から後ろまで目を皿のようにして撮ってきました。
      ホーム最前端で目一杯バックして、画面内にやっと収まりました。迫力満点。
      夜間なのに幼稚園生の見学が多く、ホームを飛び回り、画面に入れないよう苦労しました。
      付き添いの親は、撮影に夢中で放ったらかしです。


  
      先頭は、虫や鳥など高速で跳ね飛ばすので凄く汚れていました。


   
                                     窓のガラスに型式 T5 のマークが見える。


  
  やはり、流し撮りは難しい。車速とカメ速が一致しなければなりません。
  何回も練習するのですが、なかなか思うようにいきません。イザとなると手が硬直してしまい、気が付けば後の祭り!
  画面から外れちゃうのが普通です。ピンボケ・シャッターが押せなかった・SとFその他調整不備等々失敗の連続です。


   
     下りのカシラを撮って次にシッポを撮ったのですが、最初は早く押しすぎ・・・


  
     上りのシッポです。


    
         アタマ               全然関係なし                シッポ
  下りの鉄橋からです。本来はこの鉄橋の下に富士山が収まるはずなのですが雲隠れで行方不明です。
  例によって先頭で、右から受けて♪  左に かる〜♪〜く  受け流〜♪す〜ッ 
  次にシッポで再び、右から受けて♪  左に かる〜♪〜く  受け流〜♪す〜ッッッッ


  
   500系のぞみ 西日本所属です。一日8本は、すでにN700系に代わっています。秋のダイヤ改正で撤退。
   富士山とはお別れです。6月いっぱいで全部代わってしまうのかと思い、それではと撮ったのですが、まだでした。
   あわてて損をしてしまいました。まだ、一部走っています。

   
      「カワセミ」をモデルにしたとのこと。良く見るとなるほどですね。

  
   朝の6時の時間帯に、上り下りそれぞれ一本ずつ走っています。この日の富士山は朝だけの顔見せでした。


    
      シッポだけの、ご紹介で〜す。          全然関係なし              これもシッポ だよ〜ん!


   
    最後はお頭だよ〜ん!  7月20日に下った臨時列車で〜す。  みなさん知らなかったようで誰もいませんでした。
    これからも黄色い新幹線の「イエちゃん」は撮り続けていきま〜す。
    秋から冬にかけての富士山とのツーショットガンバリま〜す。



  トップページへ  トップページ2007ヘ  Dr.1-2007.4へ  A Dr.3-2008.1へ

            Dr.4-2008.6へ  Dr.5- 2009.3へ  Dr.6-2011.5へ  Dr.7-2011.9へ  

   Dr.8-2012.5へ  Dr.9-2013.9へ  Dr.10-2014.3へ  Dr.11-2016.1へ  Dr.12-2016.12へ  Dr.13-2017.9へ