雲の狭間    2015.9〜10

 この場所は回りがぐるりと山に囲まれているため雲海が発生しやすい。
   天気の変わり目が狙い時。

    地形の関係で雲海が出やすく、入り組んだ山並が見事に浮き出ます。  
        9月から10月に掛けて。頻繁に出掛けてみました。
            天候不順で富士山が見えず、こそこそ帰ったのもいっぱいありますよ。
                だけど良い雲海と良い雲に出会えた時は最高ですね。

  
 1日目
 
   
    雲は少な目でしたが雲海は気持ちよく出ていました。


  
   夜明けが近付くと雲が多少出てきました。溢れた雲海が右側に流れ込みます。見事な滝雲です。


   2日目 
  
   国際宇宙ステーション(ISS)がおっ月さんの横を通り過ぎて行きました。油井宇宙飛行士が頑張っていますね。


   
   深夜に到着した頃には雲の中だったのですが少しずつ姿を見せてくれました。


  
   上空の雲が大きく変化します。太陽の方向には暑い雲があります。


   
  富士山にはまだまだ雲がまとわりついています。そして、その雲が消え始めると笠雲がくっきりと浮かんでいました。


  
  おぉ〜っ・・・・・・!   おもいっきり良い笠雲ですね。。


  
   笠の段数がみるみる増え始めましたよ。


  
     段数がこんなに増えちゃいました。


   
   雲海も丁度良い感じでしょう。林の間を縫うように流れています。


  
    笠雲の完成状態です。形がバッチリ決まりました。


  
    少し引いて見ると、雲海・笠雲・吊るし雲と雲のオンパレードです。


   
  残念ながら大焼けは期待できません。 どうも東側に雲が多過ぎるようです。


  
   適度な雲海で山の木々がほんのり浮き上がって良い感じですね。


   
   笠雲に陽が入ったようです。全体が色付きました。


  
   少し引いて見るとこんな感じになりました。


    3日目 
   
   直前まで一面の雲だったんですが陽が出てくると高層の雲が一気に輝きました。


   4日目 
   
    雲が多めです。湿度が低く、少し風があるために雲海はありません。


  
   低い雲が覆っています。太陽が雲の下の裂け目から覗いたようで、オレンジ色に染まりました。


   5日目 
    
   高層の雲と低層の雲が混在しています。散りばめたように広がってきました。


  
  この日の焼けはこれがベスト状態でした。


  トップページヘ   雲海2015.3へ   激焼けA2014.8へ   激焼け2014.7へ