森 の 宮 殿     2016.3

   積雪情報に、厳冬のお山に挑戦。
     この季節白銀の彼方に浮かぶ富士山を目的に登ってきました。
       そして巡り会った待望の華。
    山奥深くに存在するといわれるクリスタルパレス「森の宮殿」の
      夜明けにピンクに染まる姿を求めてお出掛けしちゃいました・・・ネ〜♪〜
        積雪深い深夜の登山道をひたすら登り続けました。


   積雪が多過ぎて登山口まで車が入れませんでした。仕方なく30分も余計に歩くことになりました。
     深夜1時過ぎに歩き始めたのですが、悪条件が重なり、夜明け直前まで掛ってしまいました。
        登山靴にアイゼンを着けて一歩二歩と踏みしめ、きつい坂を登りました。
          背中の荷物は出来るだけ減らしたつもりでも相変わらず重い。
             到着予定時間も大幅に遅れたが夜明けには何とか間に合うことが出来た。
                しか〜し、残念なことに富士山は黒雲の中、頭上には星があるものの姿は見えずです。
                   見え始めたのは明るくなってからでした。夜景撮影は断念。


   
  
 最初の一枚です。寒くて指先の感覚が鈍ります。良く見るとお山はシャンプーのような雲に覆われています。   


  
  
落葉した木に着雪した雪が凍り付く。素晴らしい光景になっていた。いよいよ夜明け、富士山は色が染まり始めました。


   
  富士山は紅富士になり始めた。風が強くて雪片が飛んでいます。さぁ〜っ!いよいよ陽が射し始めた。積雪は股下程度。


  
  枯れ木に花が咲いた。これは見事!寒さなんか吹っ飛んだ。幻のクリスタルパレス「森の宮殿」がピンクに染まった。


  
  
ちゃっぷィ ちゃっぷィ!遠くからこちらを見れば、紅富士と同じ状態に見えることだろう。ブラボー!それにしても綺麗だ。


  

   少しずつピンク色が褪めはじめた。 富士山に巻き付いた雲は消える気配がない。


   
  シャンプー雲に少しずつ変化が・・・山頂の角が僅かに見えた(上から15分)かと思うとみるみる消え始めたのだ。上から30分。


   
  カラマツの枝先まで真っ白だ。綺麗だ。もう寒さなんか感じられなかった。


  
  どうでしょう。私が勝手につけた名前は・・・山奥深く存在するといわれるクリスタルパレス「森の宮殿」って、ピッタリでしょう。


  
   見れば見る程、見入ってしまいます。富士山は青い空の中にくっきりと浮かび上がっています。


   
  強太陽の位置が少し上に昇ってきたためか雪面に濃淡の陰影ができ良い感じになります。


  
  真ん丸雲が「良かったね 良かったね」って言っているようです。苦労して出掛けて来た甲斐があった。


  
  岩場の上に素晴らしいラインを描いて「こんもり雪」が・・・。  イイナ〜!!!


   
  霧雲が勢いよく舞い上がる。少し北側に回り込んだ。富士山は見えたり隠れたりでなかなか姿を見せない。


   
   風があるためか木々に積もった雪は気持ち落ち始めているようだ。気温も少しずつ上がっているのかもしれない。


  
    途中、枯れ木に咲いた春の花が見えた。贅沢な贅沢なひと時だった。


   
   素晴らしい♪〜もう、何も望まない♪〜こんな素晴らしい光景に遇えて し・あ・わ・せ・♪〜 !


  
  シシウドの華で〜す。本当の花より綺麗に見えちゃうから面白いですね。


  
   相変わらず、霧雲は舞い上がってきます。それでもちょっと待っていると富士山は姿を見せてくれますよ。


   
   この付近で積雪は膝の下くらいです。枝には完全に雪が付着しています。


  
  ただ、ただ、撮り続けました。夢中でね。南アルプスもくっきり。もう、山から下りたくない。ここに、ずぅ〜っと居たい心境でしたよ。


      トップページヘ      森の宮殿2014.2へ