もみじの舞 No.3
2005.12

       暖冬予想は大はずれ、連日厳しい寒さが続いていますが、皆々さま いかがお過ごしですか?
                2005年最終最後となります。 ご声援ありがとうございました。

  例年のごとくではありますが今年も世間では激動の一年でした。
       それにしても常識では考えられない過激な事件が続発しています。
             もっと、もっと花を愛する人が増えて犯罪が減少することを望みます。


    年末の片付けの合間に出掛けてきました。
                    今回は、前回と前々回の”もみじ”続編で、その後をお届けします。

              強い西風に乗って舞い上がったもの  そのまま落ちたもの
                     思い思いに飛んで行きました ヒラヒラと・・・・・

         西風に舞い立った木の葉は、音もなく降ってきました。
              何処に行ったんでしょうか?  水の流れに乗って?   海まで?


     川面に落ちた木の葉、そのまま流れに乗って何処へやら・・・・・
               勢いよく下るもの・岸辺にそっと寄り道するもの・早くも水に沈むもの・・・・・

      岩のよどみでクルクル回って・・・   あの素晴らしい舞姿は・・・・・   その後は・・・・・


 前回訪ねてから僅か20日しか経っていないのですが、この寒さですから期待はしていませんでした。
    "想い足"を引きずりながら奥へ奥へ進みました。様子が変です。周囲の気配が違うんです。
        おまけに足元が滑るんです。これはまずい 最悪です。転倒したら大変です。
         急いで枯れ草を集め撚り合わせ、靴の上から幾重にも巻き付けました。
           恐る恐る前進しました。別世界に迷い込んでしまったようでした。
       
氷   氷   氷    つらら      もあるんです。

 びっくり! 
色付きつらら ? なんと あのもみじでした。

                 
もみじの冷凍保存版です。
                 足元 ツルンツルンで 這い蹲って撮ってきました。

        
                     


    


    


    


                             


    


    


    


    


    


    
       2005年大変ありがとうございました。2006年も頑張ります。よろしく お願いします。
                 新しい年には富士山の夜明けを計画中です。


  トップページへ   2005トップページへ    もみじの舞 2005.12 No.1へ      No.2へ