秋満喫@ 2010.10

   今年は暑〜い。 ・・・が、やっと秋になりました。
     「暑さ寒さも彼岸まで」と言われるとおり、一気に寒くなりました。
       お陰さまで私も、アップサボっていましたので
         一気にお届けしま〜す。

     ネタはびっくりするほどゴミの山になっていました。

       たいしたものはありませんが、チョビットずつ、アラカルト形式に超特急でいきますね。



  
    まずは、これですよ。真に、日本の原点ですね。「稔の秋」ってヤツです。


   
     夕方ですよ〜ッ。                           これは朝で〜す。


  
     朝露残る早朝です。目先をグゥーと下に落として見ました。そこには普段見えないものが見えてきます。


    
      何といっても「花のページ」ですよね。しっかり花載せなくてはネー!  「芙蓉花」 ・・・  不要かナッ。


  
   地平線上に陽のある時間におっ月さんが昇ってきます。と言うことは、つまり、なんですョ。そうなんです。夕陽で〜す。


    
   500mm+テレコンです。剣が峰に合わせてみました。300mm+テレコンです。      広角です。


   
      雨上がりの早朝です。雲がなびきます。            ヒガンバナを入れてみました。


    
    雲海の似合うポイントです。       配置に工夫をしてみました。           お日さまの光が届きます。


  
       気持のいいくらいに雲海が山肌を流れます。この光景には言葉は要りませんね。


   
     朝の激焼けです。草原の夜明けにこれだけ焼けると、感激ですね。最高ーッ! 秋の風情と絡めて見ました。


  
     ・・・・・っとっと。びっくらこいたなぁ〜ッ。草原は一面火の海ですよ。朝靄まで染まります。


  
   お日さまが出てくると、「チカラシバ」や「エノコログサ」が程良く発色します。私の目も夢中になると光るんですよ。


   
     秋の夜明けですよ。どっぷりと秋に浸かりましょう。       エノコロが踊ってま〜す。


   
  田んぼの景色にUFO出現かと思っちゃいますね。これでもか!これでもか! って、ユーフォー積み重なっちゃった。


    
  そして、ここは標高700m。朝の一瞬です。直前まで雨。一気に雲が取れたのです。 ここは夕方の雨上がりの一瞬です。


  
   湖畔から、回込んで登ってみました。雨上がりは良い感じですよ。風が止むと待ってましたと雲が出てくるのヨ。


    
    灯りと雲。良い組合わせですね。    一面のススキの原っぱですよ。     立て構図で〜す。


        続けてAになります。高山からの眺めを中心にしました。

                          

      トップページヘ      秋満喫A