12−1  2006

       早いものです。2006年もまもなく暮れようとしています。

    朝晩の冷え込みも厳しなっていますが、それでも今年は暖冬とのこと。

          空気は澄み、撮影には好条件となっています。


 2ヶ月間  ほとんど毎日 日照時間の短い中 
                           恋しい早朝のお日さまを求めてさまよいました。

  気温が比較的高く推移したので、紅葉は期待薄しと言われましたが

       意に反して、遅くまで鮮やかな色に染まりました。


   




もみじ



あたり一面


  赤や黄色に染めるのは・・・


    添える言葉はいりません。




  

            お日さまが   更に更に   艶やかに   引き立てます。

   

                川面に落ちた者   流れの淀みで   大騒ぎ
  

               だだっ子落ち葉が   自信たっぷり   見事に舞います

   



  

     真夏のお日さまに    驚く程輝いた雫の宝石     あのスーパーモデル  「ヤマホロシ」

          今   透き通るような   鮮やかな朱色   再び輝いて

   


        アオツヅラフジ   食べちゃダメ         ビナンカズラ    これも食べられない
   
         ポロ−ッと   落こちそうな葉    新しい  命に期待    来年も   頑張ろう


   

           富士市田子の浦港からの日の出です。   駿河湾の北端になります。

  


   
    まもなく朝陽が出てきます。  一足早く、お日さまの光を独り占め。  黒い物体は何者 ?  宇宙人 ?


    
           水面に落ちた陽が輝きます。      何処にでも居る「目立ちたがり屋」
      愛鷹山の南側    広大に広がる湿地帯  「 浮島沼 」   水鳥の宝庫です。

  
              気持ちよさそうに  !              いいな〜  !


   
       日の出前  時間つぶしに  西の空   「良い月だよ」と   言われれば   赤くなるかも ・・・


   
       こっちは   お日さまだよ〜ん             写る姿は艶やかに不思議な色香で誘いをかける。


           次は   12−2    富士山を中心に     集めてみました。


       トップページへ     2006トップページヘ      12−2 へ