12月-2 師走富士 2006


    比較的暖かい日が続きます。でも朝は、やはり寒いです。

         11月以降、毎朝 日の出時間にはシャッターを押していました。


  今年のスタートは、本栖湖の富士でした。
         したがって、最後の締めも同じにしようと・・・
                    密かに考えていたのですが!
                          欲張って反対側の箱根まで行きました。


   
 本栖湖は、夜明けと共に真っ赤に染まりました。
              水面まで赤くなり、感嘆の声を上げたのです。
           ダイヤモンドの北限を越えるので、お日さまは山頂からは昇りません。
       残念ながら朝焼けは急速に衰退して、日の出時間には雲に占領されてしまいました。

  箱根の夕闇では、薄ピンク色に霞んだ上に
          お山が浮かぶという幻想的な瞬間に出会いました。
                 寒くて寒くてポケットのカイロに交互に手を入れて。


  呆れるくらい田子の浦港へ通いました。
        海面に写る逆さ富士目当てに。
            残念なことに海の波は消えず、鏡になってくれませんでした。
  日の出時間が遅くなり、仕事に支障をきたす可能性が出てきたので、目標未達のまま、中止です。
        来年、もう少し日の出時間が早くなったら、再度挑戦をするつもりです。


   
       今回は、毎日通った早朝の富士を中心にまとめてみました。

  
   [人はまだ夢の中  でも  煙突からは  活動の気配]で始まった富士市 「田子の浦港」です。
    
この日は、珍しく海面が穏やかになり、逆さ写りを期待したのですが、肝心のお日さまが出ず→惜しくも惨敗!
     言い訳ですが ----- 本当はよく見ると写っているんですよ。クルーザーの間に・・・  東の空は真っ黒・・・
     「朝日が当たれば、白い富士山が海面にくっきり」となる予定だったのですが!

  
 

      朝日に輝く雪景色!  絵になりますね!
  

      薄暗い時間帯に、さっそうと走る船をブレずに捉えるのは難しいですね。
  
 

   そうなのです  産業の町富士は  24時間  活動している町なのです。
   製紙会社が大半を占めています。この地区だけの電力使用量が山梨県全部と同じ位と聞きました。

    
         富士市比奈地区                                            富士市中野地区



どうじゃー

  富士山より タケージャロー」

    まいったかー !

             [エントツ]


チョロイ チョロイ

  ワシャー その上を飛んどるんじゃー

             [コサギ]

   ・・・・・ !


    水面に写る姿は絶品です。
    天気下り坂の前兆 真っ白な山頂に笠が乗ります。
    富士市柏原地区  付近は浮島沼といわれ湿地帯になります。
  

  この日は、笠と高積雲(ひつじ雲)の共演    ミカンが冴える。

  高原・岩本・松岡地区

    


       お茶畑が色を添えます。春の新緑時には最高ですね。来年は是非来よう!
  

     夕方近く  ひつじ雲が一面に広がり  不思議な天井状態になりました。  富士川町野田山付近
   


       本栖湖の夜明け  まだ、暗い時間帯です。1分間バルブ撮影しました。
  


     明るくなり始めた 1/5秒です                   ウェーブ状の不思議な雲が出てきました。
   

      一気に赤くなり 朝焼けが頂点に達しました。
  
        この時期、お日さまが最接近になります。この後、朝焼けは衰退して哀れな日の出となります。


   一端帰宅して、昼過ぎ再び出動しました。 180度反転して今度は逆の東方向です。
   箱根大観山からの夕景
   

   道路からハズレて急斜面を100m程登ってみました。       道路脇の狭いガードレールの間からです。
   空の青さは、PLフィルターを使用しました。             ここは風通しが良く最悪の寒さでした。
   

  
      同じく急斜面を登った中腹です。背丈の高い熊笹と木々が林立していて撮影場所は限定されます。
  程良く途切れたところの傾斜地に三脚をセットしました。やや、窪地で風は比較的無く小枝がブレずにすみました。
  本当は、ここで時間を掛けて撮影したかったのですが、足元が悪く、急斜面で滑りやすいので暗くなる前に下りました。
  おまけに、でっかい霜柱が一杯です。そうなんです。ここは動物が行き来する獣道なんです。

            

      道路脇ガードレールの切れ目にセットしました。雲は一瞬で変化しています。
      穏やかな日には、芦ノ湖の水面に、見事な逆さ富士が写ることでしょう。

  


   2006年が まもなく暮れようとしています。

                   今年も大変お世話になりました。

                              2007年もよろしくお願い致します。

                                            ありがとうございました。


       トップページへ      2006トップページヘ       12月−1へ