雪の後 2008.2


 当地はほとんど降雪の無いところですが、今年は1月の後半から連続しています。

      山間部は数回ですが平地での積雪は、ほんのりで一度でした。

          今回は山間部のみです。


        夜半まで雨が降っていましたが予報晴れだったので、思い切って出掛けてみました。 
             車のドアが凍り付いて開きません。
                おまけに、路面がツルツルでアイスバーン状態でした。
                   スタットレスでも安心できず、慎重に走行しました。

     当初、真っ白な富士山をバックに工場の排煙を撮ってみました。
        薄っすらと白くなった山を見て、急に近くのお茶が目に飛び込んできたのです。
           結構きつい斜面を慎重に進みました。
              標高が上がってくると、予想通り周りは白が目立ち始めました。


  
          眠らない産業の街富士市、モクモクと煙を吹上げる工場、彼方には富士の山。


   
      東の空が明るくなるにつれくっきりと浮かんできました。  建物を枯れススキにそっと包んで見ました。。


  
         僅かに残る星も、まもなく消えていきます。昨日降った雪が、右側愛鷹山をも浮き立てます。


   
         急な坂道を登って茶畑を覗いてみました。道路はツルツルです。


  
                降雪量は少ないですが、富士を引き立たせるには十分です。


    
        僅かにその姿を見せる真っ白な富士の山。付近は一面真っ白とはいきませんが映える姿です。

  
            この傾斜角度で登ってくるので思ったより標高は上がっています。


          
                春の新緑が待ち遠しい茶畑です。


    
     モクモクと煙を上げる製紙工場。   素晴らしい眺めを惜しみながら下ります。  お茶の滑り台に乗って。


    
         浮島地区にやってきました。   雲との対比が素晴らしい。  新幹線も気持ちよく通過していきます。


  
           水量が少なく水面には僅かな面影が残るだけです。


         
                        雲は早いスピードで移動していきます。


   
        先日は入れなかった場所ですが、この日は潮が引いているようで、どうにか入ることができました。


  
        朝日が当たると見事に引き立ちます。ここは海岸まで2kmくらいの位置です。


       
      カヤのあちらこちらに、山影を落としてみました。引潮になると水がほとんど無くなってしまいます。


  
       工場の煙が時々大きく膨れ上がっています。


   
          そろそろ帰らないと仕事に遅れてしまいます。スリップ注意で帰ります。


          トップページヘ   トップ2008へ