夜 明 け
       2015.12


 今年は暖冬との予報。

   ・・・ってことは雨が多いってことになるかも?

     寒さと暖かさが交互にやってくることになり変化に富んだチャンスあり。

       ・・・ってことだよね。楽しみだょ〜。



   冬至の撮影でしたのでこの場所では太陽が山頂に近い場所から昇ります。
      残念ながらこの場所は一番接近しても山頂から登ることはありません。
        それでも、この時期になると大混雑で人気のポイントです。
           天気は下り坂で面白い雲が次々にやってきました。


  
   お日さまの周りに虹のようなものが掛っています。「暈(かさ)またはハロー」と言います。虹は太陽の反対側。


  
  氷でできた六角柱の雲粒がプリズムのように光を屈折させて太陽の回りにできる。巻層雲。雨の前触れ。


  
   面白い雲が次々にやってきます。 富士山の裾からお日さまが昇ってきました。


   
   富士五湖の中で一番深い湖で水面の波が消えないことで有名です。年に数回しか姿を映しません。


  
  これは昨年の早春に撮ったものです。足元には雪がありました。綺麗に逆さ富士が映っているでしょう。ここの逆さは貴重です。


  
     雲は活発に動いています。光芒がしっかりと伸びています。


   
     湖面に映るお日さまの輝きも綺麗でした。


  
     お日さまの輝きは雲の色を変えます。殆ど彩雲状態ですね。


  
    ここのポイントが人気があるのは、この素晴らしい光景があるからなんでしょうね。


   
    彩雲状態の雲が綺麗に重なります。            雲がこんな感じに彩るんですよ。


  
     焼けも峠を越えたようです。白い雲が少しずつ目立ち始めました。


   
     お日さまが雲に重なると急に周りが暗くなります。


   
     鶴の頭にキラリと輝きました。良いですね。これは最高の輝きです。


  
     薄雲がぼんやりと掛っています。雲の濃淡が何とも言えない雰囲気となっています。


   
  山頂の真上に昇ってきました。 ここで左上のレンズ雲を追っ掛けますよ〜。隣の湖です。ススキを重ねてみました。


  
   もう一つ隣の湖にやってきました。まだレンズ雲に重なりませんね。更に東側の湖に移動しますよ。


   
   ここまでやって来て、やっと重なりました。  モミジの葉っぱが少しだけ残っていました。「残葉紅葉」ですね。


  
   富士山とレンズ雲に残葉紅葉が追っ掛けをした私のために饗宴してくれているようです。

     2015年 大勢の方々のお訪ね大変感謝いたします。
   2016年も同様に頑張りますのでよろしくお願い致します。
   どうぞ良いお年をお迎えください。ありがとうございました。




       トップページヘ