雲 海 と 花
 A   2012.6

   そろそろ梅雨の季節。
      雨の前に、お山の上にということで前回お出掛けしたのですが
        目的のお花は残念ながら3部咲き。
           そろそろ満開になるだろうとリベンジしてきました。

     この日を逃すと当分晴れマークは無し。

        22時頃登り口に到着しましたが空は一面の雲。

            1時間ほどして頭上は星空になったので出発。

                峠に着くと富士山は雲海の上にぽっかりと浮かんでいました。


  
  雨の後、霧雲が゛舞い上がっていました。湖畔の灯りがほんのりと瞬いています。ちょこんと乗った笠は愛嬌です。


   
   雲が大暴れしています。やはり天気の変わり目は変化に富んでいます。おっ月さんがさよならしそうですよ。


  
  右側の芦川村側から雲が流れ込んできます。沈みかけのおっ月さんが雲間に漂う。素晴らしい光景です。



   
   ちょっとレンズを変えて遊んでみました。右側が甲府市側です。


   
    ズームを引き寄せてみました。節刀ケ岳でしょうか。丁度山頂にぴたりと乗りました。


   
  河口湖の街灯りがぼんやりと輝いています。ミツバツツジのピンクがひときわ目立ちます。リベンジはグゥ〜ざんすよ。


  
  大分明るくなりました。夏に近付いたこの季節の夜明けは早い。これで午前4時です。やりましたね。バッチリでしょう。


  
   ミツバツツジ咲く向こうにポッカリ浮かぶ富士の姿。 前回のチラホラ咲きに比べると満開は良いですね。


   
  ここで午前4時11分です。主賓の紫花を引き立てるには苦労します。あの手この手で何とか花をアピールしたざんす。


  
  霞み漂う峠の夜明け。こんな目覚めなら毎日でもいい。ここに住み付きたいくらいですね。霞む花姿は粋なもの。


   
   山頂に陽が届く頃には霞も取れてきました。もっと赤くなるかと思ったけど、これどまりでした。


  
   前方の山並にも朝陽が射し込んできました。雲海も筋状に変わり少しずつ減少してきました。


    
  花々に陽が回り込むまで山ひとつ西側に移動してみました。     午前7時30分、再び戻ってきました。


  
    前回の最後の1枚は午前7時18分でした。この日はこれで7時40分。まだまだ大丈夫のようです。


    
  雲海は殆ど消えてしまいました。上空は飛行機雲が多数広が゛っています。冷たい空気が入り込んでいるのでしょう。


  
  陽射しもすっかりと回り込みました。変化がなくなってきたので下ります。リベンジはバッチリと撮れました。


   
  湖畔の公園では沢山の花が咲き乱れています。菖蒲・マーガレットと派手に乱舞していました。


  
  ルピナスです。カメさん大混雑ですね。天気が良いのでウィークデイにもかかわらず団体さんも多く見かけました。


   
   この花は迫力がありますね。 陽も高くなったし、これで、そろそろ引き上げることにします。



                      以前の様子      パート@     パートB    パートC
                         ↓           ↓         ↓        ↓
  トップページヘ  梅雨の晴れ間2010.6  雲海と花@  雲海と花B  雲海と花C


                                    パートD
                                      ↓
                  高山の花園2011.6    雲海と花D