雲 上 の 朝  A2019.9

 毎日暑いです。夜は快眠もできません。そんな時は撮影に専念します。
 台風の置き土産で猛暑日が続きます。
 早速出掛けてきました。やっばり雲の上は涼しいですね。


 暗午前2時過ぎには到着しました。
 雲も雲海もちょっぴりです。


 
 
午前4時頃から30分間のインターバル撮影を比較光明合成です。「宇宙への入口で〜す。ここからタイムトラベルしてみませんか?」


  
 
昼間と全然違う光景ですね。夜の景色は素晴らしい。


 
 
これで3分ちょっとの開放です。


  
 
私の大好きな「ブルーモーメント」の時間帯になってきましたよ。


 
 
大分雲が焼けてきました。ただし、少な目の量です。


 
 
 雲海がちょっと少なくて残念〜。


 
 雲が少な目と思ったのですが薄雲は全体に広がっているようです。


  
 
空の青さが引き立ちますね。


 
 お茶畑の周囲は獣対策で電流を流してあります。バチン、パチンと音がしているんですよ。触ると相当な衝撃がくるのでしょう。


  
 焼けもピークになったようです。これから少しずつオレンジ色が薄くなっていきます。 


 
 雲海は少しだったけれど結構に楽しめました。


  
 富士山の手前の筋雲も良い感じです。


 
 お日ちゃまが登り始めましたよ。夏至の頃に比べると随分右に寄っています。


  
 少し標高を下げてみました。


 
 この場所には夜中に登った頃は7-8人程度のカメラマンが居たのですが。もう、誰も居ませんでした。


  
 手入れのされなくなったお茶の木が伸び放題です。          更に下って「芙蓉」の場所にやってきました。


 
 まだ、咲き始めでこれから当分は楽しめそうですねす。


  
 「ケイトウの花」です。                                          「ホウセンカの花」も咲いていました。


 
 体勢を下げるとこんな感じで〜す。


 
 逆に上げると、また感じが変わりますね。これで帰りま〜す。




 トップページへ


 雲上の朝@2017.6へ  雲上の朝A2017.8へ  雲上の朝B2017.9へ  雲上の朝2018.7へ

 雲上の朝@2019.6へ  A