吊るし A 2016.1


 彩雲が消えた後の吊るし雲パート2ですょ。

   大きく膨らんだ雲が一日中色々な芸をしてくれました。


    吊るし雲が次々と変化してくれました。
    北側から西側の湖に回り込み、最後は南側からです。
      形を変えながら後から後から出てくるので楽しい一日でした。


  
    まずは北側からです。どでかいUFOですよ。


  
    お日さまがキラキラ輝いています。光源が少し高くなっているので彩雲にはなりません。


  
     流木があったので岩風にして撮ってみました。 ちょっと見映えが良いでしょう。


   
    気に入っちゃいましたよ。何枚もバシャバシャと撮ってみました。


  
  吊るし雲は刻々と形を変えながら移動しています。お日さまにも登場してもらいました。薄雲が掛ると彩雲に・・・?


   
     お日さまの近くの雲は薄い彩雲になっちゃっているようですよ〜。僅かにね〜。


  
     風が強いため水面は波があります。


  
   西側に回り込んでみました。やはり風が強くて逆さは断念です。


   
    雲が次々に変化していきます。              湖の東側から南側に回り込んでみました。


  
    クジラタイプの形になってきましたよ。


   
   更に回り込んで一番奥のポイントです。風の影になるためかぼんやりと逆さが映ります。


  
    このポイントは人気の場所です。まるで絵に描いたようですね。


    
    吊るしから尾を引いたように上空へ雲が飛びます。


  
   次々に変化する雲は面白いですね。帰りたいのに帰れなくなっちゃいますよ。


   
    今度は厚くなってきましたよ。              ありゃ〜っ! 放射状に飛び散っちゃいま〜す。


  
   面白いですね。面白いですね。運良く風が無くなってきた。逆さが映りましたよ。


   
   きりが無いので移動しま〜す。             南側にやってきました。湿地帯です。


  
  湿地にそびえるピラミッドってところでしょうか。魚が飛び跳ねちゃっていま〜す。早朝から丸一日中吊るし雲で楽しんじゃいました。


         トップページヘ    吊るし@2016.1へ