梨ケ原 2007.7


     梅雨明け早々に出掛けてきました。

        月が、真ん中に落ちる本栖湖か? 

               月は少し外れるが、登山道の灯りが浮かぶ「人の字」か?

          迷いの末に、早朝の「赤富士」と草原の「ノビタキ」のおまけが付く

                   梨ケ原
に決めました。

 自衛隊の演習場は日曜日の午前0時に開放となることから
     時間調整をして現地に向かいました。23時到着。
          ゲートの前に誰もいません。空いています。
              後で聞いた話ですが、前日から開放されていたようです。
                 無駄な時間調整のようでした。

         そのまま演習場内に入り、目標の場所まで直行です。
              すでに3台の車が待機していました。


  
                     月夜に照らされて、微かに浮かぶ富士の山。


   
                      どうしても、離れるのがイヤです。何時までもそばにいる。


   
        時には羽ばたく大鳥のごとし!


  
                 「さようなら」と月に手を振るお猿さん。


   
                   「人の字」  浮かぶ  お山に  月が  近付く。


  
                雲が大きく暴れています。


               
                               兜をかぶった富士の山。


  
             本来ならば、ここで、お月さまが富士のお山に絡むはずでした。


        
    お月さまが沈み始めてしまいました。                    沈んだ後は、再び夜の静寂です。
                          寒い寒い防寒服を着込みました。


  
   この直前は、まさかの雨に降られたのです。朝日に照らされて赤富士になるはずだった。時すでに遅し。


           
               ノビタキです。500mmに2.0のテレコンを付けてみました。


  
         500mmのみです。神妙な顔をした「ノビタくん」


       トップページヘ       トップページ2007へ