も み じ A  2012.11

   夏が暑いとこうも違うんですね。
     その後、直接の台風被害も無く、葉っぱが病むことなくきた訳です。
       昼と夜の温度差も大きく、無事に秋の彩りを育んできました。


  パートAです。
    北側から西側に回り込みました。
      時期早しかなと思ったのですが行ってみました。
        驚きです。
          北側に比べると標高は下がっているのに遅すぎの気配でした。
            すでに、葉の無いものが多かったです。


  
  
目的地途中です。道路の淵に見事に色付いていました。パート@から大分標高が下がっているのにこの色ですぞ。


   
  右に左に置いてみました。今年は本当に良く染まっています。 さらに進むと柏の木です。


  
  
大きな柏の木でした。見事な茶褐色に染まっていました。雲ひとつ無い青空です。


    
  
殆どの立木が一本ずつ植えられています。空気が澄んでいるので富士山がすっきりしています。


   
  一本上のため縦構図中心になります。既に葉が落ちて丸坊主になっている木も多くありました。


  
    幹を強調してみました。赤と褐色のコントラストが冴えます



   
  今年は赤が強烈です。やはり夏の暑さが利いているんですね。


  
    風がちょっと強いので枝先がブレます。


   
  北側に比べると葉の傷みがひどいです。数日前に強烈な低気圧が通過したので影響が出ているのかもしれません。


  
    この木の周りはすでに落葉が完了していました。


   
       青空に強烈な赤は良く映えます。 


  
     やや、小さめの木が林立していました。富士山の位置を工夫してみました。


                      
        広角で下から撮ると豪快に見えます。          平均的に小ぶりの木が多いです。


    
     枝が混雑した木が程良く焼けていました。   鮮やかな赤は綺麗ですね〜。


   
   株立ちの赤と一本立ちのオレンジです。大沢崩れが目立ちますね。


  
     黄色系に焼けた木がありました。赤が多いのでこの木は一際目立ちました。



           トップページヘ       もみじ@ 2012.11