港 の 朝  2015.6

   梅雨の前久しぶりに港に出掛けてきました。
      この時期は駿河湾ではシラス漁が盛んにおこなわれています。

   ここの港は逆さ富士が映ることはまずありません。
      富士山からの水が港の北西側に流れ込んでいるため波が起きやすい。
         また、駿河湾に直に面しているため風波が入り易いとも考えられます。
            しかし、この日は上手い具合にぼんやりとシルエット風に映り込んでいました。

   
   この時期は朝が早い。
そうとう早起きしないと日の出に間に合いません。


  
  
  シラス漁の船はまだ、出漁していません。水面には富士山の姿がぼんやりと映っています。


  
  
  街灯りもポツリポツリと消えていきます。


  
  
        少しずつ、雲が茜色に色付いてきました。


   
  
          時折り、釣り船が出向していきます。


  
  
 山頂に僅かですが陽が入りました。


  
  
  もっと、焼けるかと思いましたが大したことはありません。これがピークです。


  
   地上にも朝陽が届き始めました。出向する船も色付いています。


   
  船尾に小さな帆を上げています。釣りの御客でも乗せているのか、それとも漁師の船なんでしょうか出航していきました。  


  
    まとまった船団がやってきました。いよいよシラス漁の出航です。


  
     中央真ん中に網本の船が居ます。「さぁ〜! みんな俺についてこぉ〜っい」 ってな具合かもね〜


  
    一斉にやってくる姿は圧巻です。今日も大漁だと良いですね。「今日は生ジラスでいっぱいやっか」


   
      港の出口です。 右側が駿河湾です。お日さまもにっこにこ。


  
     面白い雲がいっぱい出てきました。でも、これで帰ります。


           トップページヘ