湖畔の朝  2014.9

    今年の夏は相変わらず天気が悪い。
       富士山周辺は大雨が降る訳でもないがスッキリしない。
           そんな中、ちょっとだけ良さそうになったので出掛けてみました。

      そこそこの雲が出て、そこそこの焼けになっただけですが

        この夏は富士山の見えることが少なかったので、珍しいと思いながら暇つぶしにでも見てください。


   
    午前4時30分頃です。大分夜明けが遅くなってきました。夏至から1時間程度は、ずれています。


  
  ダイヤモンド富士から半月ほど過ぎています。富士山の左裾が焼けていますが実際の日の出位置は右裾になります。


    
   左側の焼けが消えると今度は右側が焼け始めてきました。


  
  今回の焼けはオレンジ色ではなく濃い赤色です。これが焼けのピークです。帯状の雲が笠雲を形成し始めました。


  
  はちまき状の笠雲が良い感じになっています。焼けは、みるみる色褪せ始めました。


  
    少し風も出てきたようで、逆さ富士は僅かに不鮮明になっています。


   
    お日さまが地平線上に近付いたようですね。


   
    焼けは一気に消え始めました。間もなく日の出ですが太陽の昇る方向の雲が厚くなっているのでしょう。


  
    雲が活発に移動します。赤い輝きも消えてきました。上空は薄雲が広がってしまいました。


  
   笠雲は大きく膨らんで山頂まですっぽりと包んでしまいました。葦の有る場所に移動です。


    
    葦と逆さ富士を並べてみました。


  
   お日さまはとうとう姿を見せることなく雲の中に消えています。


                  
                   足元にポイントを合わせると自然の美しさが見えました。


  
  そこそこの雲とそこそこの焼けでしたがこれで帰ることにします。少しは暇つぶしになりましたか?

   そんな暇人ではな〜い ! なんて怒られそうですね。 ごめんなさ〜い・・・



      トップページヘ