人文字と赤富士 2013.7

 今年は暑〜い。
   早々と梅雨明け宣言されたのですが猛烈な暑さがやってきた。
       しかし、高山は寒〜い。
          着ぶくれで達磨さんみたいになって撮ってきましたよ。

    富士山世界文化遺産登録後はどこそこ大混雑です。
      登録が良かったのか悪かったのか疑問に思われる気がするのは自分だけでしょうか。
         ある公園では柵の中に入り込んだ人が係員ともめていました。
            彼にとってはたった一度しか来ないかも知れませんが私たちは何回も出掛けてくるのです。
               撮影禁止なんてことになったらどうしてくれるのですか。
    
写友が赤富士撮りに出動するというので合流させていただくことにしました。
      出掛ける前にライブ確認をすると富士山の南側は一面雲で何も見えないのに北側は良く見えていました。
         向かう途中では最悪で霧雨になっていました。
            しかし、ライブカメラで見たとおり北側は嘘みたいにスッキリと見えていました。



  
  最近、ここのポイントは何処も樹木が大きくなってきて視界が悪くなっていますがこの場所は比較的良く見えます。


  
   夜半頃、山頂に掛っていた雲がやっと動き出しました。天の川が左側の樹上に広がっています。


   
  星降る夜空です。人文字が良く見えます。        ズームをアップしてみました。


  
  月曜日というのに登山者は多いですね。数珠繋ぎですよ。小さな点が登山者の持つ明かりですよ。大きいのは山小屋。


   
   天の川を強調してみました。ひこぼしとおりひめは一年に一度の素敵なデートをしているのでしょう。
   実際は光の速さで15年も離れているんだって。こりゃ〜デートなんて云ってる距離じゃないよ〜。


  
   流れ星が右下に流れました。あまり目立ちませんが分かりますでしょうか。


  
    二つ目の流れ星です。富士山の山頂に掛るあたりに流れてくれるといいのですが上手くはなりませんね。


  
    三つ目の流れ星です。今度は右上に流れました。 ・・・願い事している余裕はありませんでしたよ。


   
    気持ち空が明るくなってきました。          星も少しずつ見え難くなってきました。


   
  すっかり星は消えました。木々の新緑が眩しいくらいです。岩肌の赤味が目につきます。


  
   ・・・・・っとっと。突然左上に雲がまとまり始めました。レンズ雲の出現です。ズームを大きく引いています。


  
   いよいよ赤富士が始まります。準備okって感じですよ。それにしても、山肌は元々赤味がありますね。
   樹木帯との境界がはっきりしています。


  
  赤富士で〜す。これは見事に染まりました。山頂右側付近の雪が沢山残っています。


  
   少しズームを上げてみました。素晴らしい赤富士です。こんなにも赤くなるのですね。


   
    新緑と赤富士です。新緑との組合せも良いもんです。


  
   山頂の黒っぽいのは先程からまとまっているレンズ雲の影になっているようです。ズームを引いて見ますね。


  
  なんと、なんと。まるでマンボーのようにまとまっていました。太陽は遥か左側なのに雲が彩雲になりそうな感じでした。


  
  レンズ雲と赤富士の取り合わせとはラッキーでした。写友とは又の再会を約束して別れました。ありがとうございました。



      トップページヘ      夏なのだ〜ッ2010.8