春の気配
 2010.1

   毎日寒い日が続きます。
      近年になく霜柱の大きいのが目につく今年の冬です。
        庭のスイセンも咲いています。梅の花便りも聞こえてきました。
           着実に春は近付いています。

     今回は、林立する木立の向こうに富士山を。。。。。

       前回「今度夜景を撮ります」に行ってきました。

         それを、スタートにして岩本山の早咲き梅の状況を見てきました。

           最後は、2月いっぱいで富士山の前から姿を消す500系です。

            終わり、終わりと云いながら走っていましたが、今度は本当に終わるようですよ。

   
     少し小高い丘の上から眺めました。想像どおり街灯りが綺麗に輝いています。


  
    前回は昼間なので分かりませんでしたが、街灯が近くにありました。思った以上に灯りの影響を受けています。


    
    木立を意識的にデザインしてみました。後ろに下がったり左右に動いたり高低を変えたり。


  
     東の方向が明るくなり始めました。お日さまが夏に一番北側に寄っても、この場所はダイヤからは外れます。


                       
                        少し小細工をして遊んでみました。


  
       思ったより木立のシルエットは絵になりますね。富士山の威力は絶大です。


   
       配置を少し変えるだけで雰囲気がガラリと変わります。  街灯りがひとつ消えふたつ消えていきます。


  
     お茶畑に移動です。すっきりとよく目立ちます。気温が相当下がっています。顔がヒリヒリとしてきました。


   
  斜面のお茶は緩やかなラインを描いて素敵な構図を作り出してくれます。新芽の頃には見事な眺望になりそうです。


  
     まだ、新芽の黄緑色にはなりませんが、夏ミカンのオレンジ色を添えると一層引き立ちます。


    
    岩本山の梅園に移動です。数本ですが、そこそこに早咲き種がモデルになってくれます。


   
   頭上の木はしっかり開花していますが、前方はほとんど開いていません。富士山の山頂には慰め程度の笠雲です。


   
    紅梅が早く、白梅は少ないです。                   幹を強調です。


  
     笠雲が、もっと大きくならないかと期待したのですがこれがマックスのようでした。


   
     カックンカックンと直角に曲がります。 太い枝で気持ちの引き締めです。


    
      時期が早いのでカメさんは少人数でした。来週あたりから混み始めるでしょう。


  
     白梅も少しずつ開花はしていますが、もうちょっと ちょっとしてからの方が良いようです。


   
    この白梅を最後に新幹線箇所に移動です。 雲がだいぶ膨らんでいます。 山頂から煙突雲が出ています。


  
   カワセミモデルの500系が上っていきます。間もなく富士山の前で見ることができなくなります。残念ですね。


    
     N700が颯爽と駆け抜けていきます。久しぶりのドクターです。肝心の富士山は雲隠れ。意地悪・・・!


  
  おなごり惜しそうに先程上った500系が下って行きました。一部西日本地域で残るようですが編成半分の連結です。


         トップページヘ