富士山笠雲2006.2



      
ダイヤモンド富士を求めて出掛けてきました。

          16時30分の夕日を目標にして現地に午前10時頃到着しました。

                早いと思われたのですが、すでに何人か先客がおられました。

 数日前からのという「京都のHさん」や少し前に来られた「沼津のKさん」・「栃木のお二人さん」方と

           夕刻まで有意義な時間を過ごさせていただきました。

      
午後2時頃には素晴らしい笠雲が現れ、夕方のダイヤモンドに期待をかけました。

     しかし、時間が近づくにつれ笠雲が膨らんで
 大きくなり過ぎ  ”夢破れたり”です。

                 次回のチャンスまで当分お預けです。

           ということでそこらへんを編集してみました。


  


       昼 まだ お日さまが高い頃 スッキリとした笠雲が 消えては出 消えては出ていました。

    

    次第に太陽は傾き 付近の雲を 色鮮やかな彩雲に変えながら 運命の時に近づいてきたのです。

   

    この おじゃまな雲が無ければ お日さまは お山の ど真ん中に 来るはずだったのに トホホホ・・・・・ッ

   


   

        太陽が 沈んだかと思うと 見ている間に 笠の段数が増えていきました。

   

      ?????  その後   笠が肥大し   夕日の輝きは   これで おしまい  ”残念” ・・・・・


          トップページヘ    2006トップページへ