イヤリング
 @
  2021.1


 最近は天体に凝っていま〜す。
 2021年になって始めて1月9〜10日と2日続けて出動しました。
 それにしても今年は寒いです。-12℃で手が固まってしまいました。
 連日の寒波は雪国の道路を塞ぎ沢山の車両が閉じ込められています。
 ちゃっぷぃ〜!

 月が出た瞬間が勝負です。
 細い月はダメ、なかなか条件が揃わないと上手く撮れません。難しいです。


  
 1日目 
西側からおっ月さんの出です。剣が峰に乗っけましたよ。剣が峰の中心から少し右にずらすと光芒バランス良し。


 
 
結構、早いスピードで出てきます。月齢24.7で太陽高度-37.9度で富士山は暗い。


 
 縦です。


 
 下弦の月です。8本光芒です。


 
  
 
燦然と輝く姿は見事しか言えません。キラリと輝く姿は真に耳に着けた 『イヤリング』 ですよね。


 
 
ここまで出てくると少し光芒が弱くなります。


  
 完全に出切りました。


 
 二日目です。薄い笠雲が掛かっています。こんな場所で撮りました。気温は-12℃です。ちゃっぷぃ〜。


  
 月の輪郭がはっきりしているのは地球に照った太陽光が月に反射しているのです。地球照と言われています。


 
 薄雲により光芒が綺麗に出ません。月齢 25.7 です。この時点で太陽高度 -21.2度 です。


 
 完全に出切りました。山頂にある雲により 『イヤリング』 は微妙でした。



 トップページヘ


 月と星2020.11ヘ  月星陽2020.12ヘ