甘利山の夜明 2007.11



  
櫛形山から移動して午前3:00に到着しましたが、すでに7−8人がいました。

      甲府の街が見事に輝いています。右手奥にはしっかりと富士の山です。

           素晴らしい眺めです。


     11月30日から冬季通行止めの看板が出ていました。

          丁度いいタイミングでした。


   
   まずは定番のバルブ撮影です。 お山は微かに見えています。街灯かりが明るいので少しアンダー気味です。


  
      あまりの素晴らしさで甘利の眠気も吹っ飛んでしまいました。


   
        東の空が少しずつ色付き始めました。


  
         思ったより焼けが良くなかったです。もっともっと期待したんですが。


   
         街灯かりと夜明の明るさとが見事にマッチしています。


  
       オレンジ色の雲とウェーブのかかった薄雲、淡い薄墨色のお山が何ともいえない感じです。


    
            雲の帯が大きく開く。その間に立ちはだかる富士の山。


   
         雲は、雲海のごとく流れています。


   
     大海原にチョコンと顔を出した孤島のイメージです。 さぁ〜 いよいよ雲と雲の間から日の出です。


  
         お日さまの光が雲のラインに乗って光を運ぶ。閃光が走る瞬間です。


   
          光に同調したのか、瞬間的に雲が波を打ちます。波乗りサーフィンでもしているのでしょう。


         
        街灯かりはすっかり消えました。            お日さまはみるみる昇っていきます。


  
        寒い寒い。手が凍えて動きません。


   
      華やかだった面影を残しているものの、すでに固まっています。ススキも辛うじて立っています。


                   
             枯れ木に花が咲いているのではありません。ツルウメモドキの果実です。


  
        お日さまが高くなったので少し絞ってみました。


   
      時間も大分経過したのでそろそろ下ることにしました。   途中中腹で木立の間からちらりと見えました。
      次は、再び朝霧に移動します。 「紅色に染まるお月さま」 お楽しみに !


       トップページへ         トップページ2007へ